失笑ものがたり

失笑するお話し・・・というか雑記

【ネタ】すね毛の意味、あなたは理解していますか? すね毛を知るには4つの機能から。 ~失笑ものがたり~

 

 

 

 

 

・ ・ ・

 

すね毛が濃い人のイラスト

 

はぁー僕のすね毛はなんでこうイケメンなんだろうか。

 

太く、長く、濃く、太股の裏側まで余すことなく生えている。

 

この密集ジャングルの前では蚊をも寄せ付けない。

 

それでも近づこうとする者がいたならば逆に栄養を吸い取ってしまう。

 

これは、自然の摂理。

 

弱肉強食というものだ。

 

そうして成長し続けたすね毛は今や、足の甲、足の指にまでうっすらと侵食してきた。

 

これが絶対防御というやつだ。

 

砂漠の我愛羅なんて目じゃない。

 

 

 

もしもこれから先、我愛羅と対峙することがあれば僕はこう切り出すだろう。

 

「お前の砂と、俺の毛、どちらが強いのかは一目瞭然だろう。それでも、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメナルトとすね毛のイラスト

 

ほっ、わー!!

なんたるイケメン!なんたるジャングル!

 

いつも見ている自分の足なのに、毎度毎度いちいち惚れさせてくれる。

 

なんて男らしくカッコイイんだ。

脱毛サロン行きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

今回は【脱毛サロンへ行ってきた!】とかありふれたお話にするわけもなく、

 

【何故人はすね毛が生えているのか】を伝授しますね毛あげます。

 

 

はい。

すね毛をまき散らすイラスト

 

 

そんなに嫌がらなくてもいいじゃないですか!

はい!

では、【何故人はすね毛が生えているのか】ですね。

 

と言っても、

すね薄毛大国になりつつある我が国日本ではおそらく、今日調べる事もなくなってきたかと思われます。

 

しかしながら人間が衣服を身に纏うようになり17万年が経った今、(諸説あり。)

何も調べもせずに、「すね毛は不要、気持ち悪い、ホルモン出し過ぎだ」とバカにする者がいます。

 

僕はそのようなばか者に、

 

「未だにすね毛が濃い人間もいることを忘れるな!

つまり僕の事も忘れるな!

つまり忘れないでほしい!

すね毛が濃いことは絶対に忘れてほしい!」

と声を大にして言いたい。

 

 

このように17万年の間、幾度となくバカにされてきたすね毛ですが実は4つ素晴らしい機能が存在するのです。

 

 

 

ここからが本題です。 

 

4つの機能を羅列にするとこのような機能があります。

 

第1機能、【皮膚の保護!

第2機能、【触覚機能!

第3機能、【体温維持!

第4機能、【毒素排除!

 

 

すーーばらしいー! ワンダフーール!

 

この4つの機能、

説明しなくてもある程度分かると思いますが、すね毛の有り難みを感じてほしいので、めんどくさいけど一つ一つ説明させてください。めんどくさいけど

 

 

先ず第1機能、【皮膚の保護】からです。

 

この皮膚の保護は大昔、人は裸で生活していたからの機能なのです。

 

虫や、毒がある植物、はたまた寒さや紫外線から身を守るために、すね毛や胸毛は必須でした。

 

今は裸で生活している人はほぼいないので、この機能はいらないですね!

 

 

 

次に第2機能、【触覚機能】です。

この触覚機能は大昔、以下同文

 

次に第3機能、【体温維持】で以下同文。

 

最後に第4機能。【毒素排出

これは完全には解明されていなく、どうでもいいです。

 

 

よってすねムダだと結論付ける事ができました。

 

 

めでたしめでたい。

 

もしも次すね毛のお話をする機会があれば【脱毛サロン行ってきた!】というタイトルになると思われます。

 

 

 

最後に、

こんなくだらないすね毛のお話で、あなたの貴重な時間を割き、最後まで読んで頂いて本当に、

 

 

すね毛をまき散らすイラスト

 

 

ではでは、

おわり剃りまーす。