新ポケットモンスター第2話『サトシとゴウ、ルギアでゴー!』のネタバレ感想|見逃し動画配信サービスはここ!

ここでは、ポケットモンスター第2話

『サトシでゴー、ルギアでゴー!』

ネタバレありの感想と、第2話を見逃した方への動画配信サービス情報が記載してあります。

 

「ネタバレされる前にアニメを観ておきたい」っという方は、『回れ右×2回』してこの記事を読むか(笑)

下で紹介している『ポケットモンスターを配信している動画配信サービス』に登録して観てくださいね

 

 

動画配信サービス情報

1.Amazonプライム・ビデオ(500円/月⦅初月30日無料⦆

Amazonプライム会員になることによってプライムビデオ+他のサービスも多数受けることができる。

 

 

[プライムビデオの特徴と、Amazonプライム会員になることによって受けられるサービス]

 

  過去のポケモン作品も全話見放題

 

  ポケモンの他にも、アニメ・ドラマ・映画、多様なジャンルが満遍なく観れる(2019年12月現在 見放題タイトル本数1万4千本以上

 

  Amazonだからこその恩恵を多数受けられる(Amazonミュージック聞き放題・送料無料など)

 


 

2.Hulu(フールー)(1026円/月⦅初月2週間無料⦆

 

 

[Hulu(フールー)の特徴]

 

  過去のポケモン作品は一部観れる

 

  ポケモンの他にもアニメ・映画・ドラマ・最新作~旧作まで幅広いジャンルの作品が見放題(2019年12月現在、見放題タイトル本数6万本以上

 

 

 

ポケットモンスター第2話『サトシとゴウ、ルギアでゴー!』の見所はやっぱりルギア

 

第二話の見所は完全にルギアですね!

 

1話は幻のポケモン、ミュウをさらっと登場させて今回の第2話では伝説のポケモン、ルギアを使ってくるなんて、、、

 

あれですか? 製作者はポケモンマスターなのでしょうか?

 

それに付け加えレイドバトル(多人数協力プレイ)って

 

『観なくても面白い回』だということが分かってしまうよ

 

っで、もちろん観てしまうっていう 

ずるいw

 

 

見所を紹介しすぎると、このあと紹介するストーリーのネタバレにもなってしまうのでここらで辞めておきますね(^^)

 

っということで次はネタバレしまくる全体的な流れ、ストーリー紹介を。

 

 

ポケットモンスター第2話『サトシとゴウ、ルギアでゴー!』のストーリーはこんな感じ(全部見せw)

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230300j:plain

 


第1話から時は進み、サトシとゴウはポケモンと旅に出られる年齢になっていた。

 

(ちょっと時間の進み具合がアニメの中ではよく分からないんだけど、アローラからの続きのていで話を進めていきますね)

 

 

サトシは既にピカチュウを譲り受け、幾度となる旅を重ねるうちに二人の仲も確固たるものになっていた

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230251j:plain

 

 

そんなおり、『桜木博士』なる人物が新しくポケモンの研究所を建てたということで、そのオープニングセレモニーに訪れたサトシとピカチュウ

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230238j:plain

 


こちらが桜木博士↓

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230228j:plain

 

 

・・・


怪しい

怪しすぎる

 

顔立ち・口の半開き具合

そして

メガネのフレームが上だけ

 

・・・

 

・・・

 

完全にハズキルーペやないか〜〜い!

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230218j:plain

©ハズキルーペ オンラインショップ | Hazuki Company株式会社

 

怪しすぎるキャラクターデザインにハズキルーペ

 

こいつ黒幕か?

(まだ何も起きていないけどw)

 

 

ーー桜木博士はハズキルーペなのか黒幕なのかを議論している最中、もう1人の主人公『ゴウ』はあるポケモンを追っていた

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230207j:plain

 

 

「俺の予測通り、いかにもアイツが現れそうな雲発生っと」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230157j:plain

 

 

「楽勝じゃん」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230139j:plain

 


『楽勝じゃん』が口癖っぽい彼もまた、サトシと同じ旅に出れる年齢になっていた

 

そしてポケモンについて独自に調査し、伝説のポケモンが出現する時間と場所まで分かるようになるほど博識だった

 

あとはバトルしてゲットするだけ

・・・手持ちのポケモンを1匹も持っていないことはまだ内緒

 

 

手持ちポケモンのいないゴウが『楽勝じゃん』している頃、

ハズキルーペ博士こと桜木博士の研究所でも異常な天候を察知する

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230126j:plain



「もしかしたら、あと20分後クチバシティの港に極めて珍しいポケモンが出現するかもしれません!」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230115j:plain

 


その情報を聞いたサトシは秒で「見に行く!」と言い出し研究所を後に

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230106j:plain

 

 


ーーそして20分後。

 

場所はクチバシティの港。

 

 

突如、上空に現れた黒く渦巻く雲

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230055j:plain



雷が放電する雷雲から現れたポケモンは、、、

 

[ズゥーーーン]

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230044j:plain

 

 

[キュイーーーーン]

イ・ッ・テ・ク・ダ・チ・イ

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230033j:plain

 

[パアアアアアアーーー]

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230020j:plain

 

ぶぁあっさぁあああ!!!

f:id:bokutokazokutosonota:20191202230009j:plain

 

 

「ギャアァーース!!」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202233027j:plain

 

 

・・・

 

じゃなくって、

 

 

「ギャアァーース!!」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202225951j:plain

 

 

タイトル通りの『ルギア』でしたね〜

 

にしても、登場の仕方がいちいちカッコイイ!

強そう感が前面にでていて子供心をよく分かってらっしゃる

 

 

ーーこれほど強そうなポケモン1人じゃ太刀打ちできないのは明白

 

そこで、その場に居合わせたポケモントレーナー達が『数』で挑むわけですが、、、

 

↓絶対後の悪者ですやん!w

f:id:bokutokazokutosonota:20191202225929j:plain

 

f:id:bokutokazokutosonota:20191202225911j:plain

 

 

レベル差なのか、そもそもの強さなのか、ポヨンポヨンしてそうな腹の前では全く歯が立ちません

f:id:bokutokazokutosonota:20191202225616j:plain



 ポッポでも繰り出せる『風起こし』で、、、

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234351j:plain

 

 

ぴゅーーー

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234333j:plain

 

 

さらにポケモントレーナー達が増え

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234321j:plain

 

 

選りすぐりのポケモンを繰り出し、

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234310j:plain

 

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234258j:plain

 

何気に新ポケモンがいるねw (アーマーガア)

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234248j:plain

 

 

遠距離・近距離攻撃を織り交ぜつつ一斉に攻撃するも・・・

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234228j:plain

 

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234218j:plain

 

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234205j:plain

 

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234153j:plain

 

 

ほぼ全て避けられたり弾かれたりし、

最終的には

ルギアの破壊光線的な攻撃の風圧で、

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234143j:plain

 

 

ぴゅーーー

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234134j:plain

 

全然、ぜーんぜん歯が立ちませんでした。

 

しかし!

そこへようやくサトシとピカチュウが登場します!!

 

 

・・・只者じゃない感で現れたサトシ

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234121j:plain

 

 

「やっと会えた、、、バトルしようぜ!」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234112j:plain

 

 

バトル狂のサトシならではのセリフが炸裂し、ピカチュウもそれに呼応するかのような反応を示しやる気まんまん

 

「ビッーッカッヂュウ!!」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234059j:plain

 

 

ウィーーーーーーッス!!

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234041j:plain

 

 

そうこなくっちゃ

「いくぞ! ピカチュウ10万ボルトだあ!」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234025j:plain

 

 

「ピイーーー

f:id:bokutokazokutosonota:20191202234011j:plain

 

 

カアーーーー

f:id:bokutokazokutosonota:20191202233956j:plain

 

 

ヂューーヴーーー!!!」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202171052j:plain

 

 

ビリビリビリビリ!

 

 

効いー

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235436j:plain

 

 

効いーー

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235425j:plain

 

 

ません!

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235409j:plain

 

 

はいドン!!

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235358j:plain

 

 

『無理無理無理い!!』

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235349j:plain

 

 

ってなわけでサトシとピカチュウでも全く相手にならず、ルギアはその場を立ち去ってしまいます

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235340j:plain

 

 

すかさず追いかけるサトシ

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235331j:plain

 

 

その頃ゴウもルギアを追いかけルギアの背に飛び移ろうとしていました

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235319j:plain

 

 

いざルギアへ

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235307j:plain

 

 

ジャンプで

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235256j:plain

 

 

ゴー!!

(おそらく上がゴウで下はサトシ・・・サトシオワタw

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235245j:plain

 

・・・

 

 

なんとか尻尾に掴まれたゴウ

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235232j:plain

 

 

なぜか落ちずにいるサトシ

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235223j:plain

 

 

『ルギアに飛び乗る』という偉業を成し遂げた前代未聞の2人

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235215j:plain

 

 

これが2人の『初めての出会い』だった。

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235201j:plain

 

 

・・・

 

 

ーーその後、ルギアの背に乗れた2人は空・海へと連れていってもらい、

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235151j:plain

 

 

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235140j:plain

 

 

ポケモン達と触れ合うことができたりで、ポケモン好きが功を成してかすぐさま意気投合しました。

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235131j:plain

 

 

ーールギアの計らいにより無事、地上へと降りたつことが出来たふたりは、

ハズキルーペこと桜木博士の元へ報告も兼ね戻ってきました

 

そこで博士に、こう切り出されます

 

 

「サトシくん、そしてゴウ、君たちの行動力に感謝する。お陰で未知なるルギアの秘密を知ることができたよ

 

そこでお願いがある。我が研究所のリサーチフェロー(特別研究員)になってくれないか?」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235119j:plain

 

 

しかしここはクチバシティ

マサラタウンからだと若干距離がある

 

難しいかもしれないと断りを入れるかと思いきや、

 

「大丈夫部屋は用意してあるよ」

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235631j:plain

 


こうして2人は同じ屋根の下で暮らすことになるのだが、、、

 

ルーペ桜木やっぱ怪しくね?!

部屋用意してるとか怪しくね?!

 

将来的に、

『君たち、、、いや特にサトシくん。全ては君を監視するためだったんだよ。はっはっはっは!!』

とか言いそうじゃね?

 

 

ーーなにはともあれサトシとゴウはこれから密接な関係になりそうですね!

f:id:bokutokazokutosonota:20191202235620j:plain


〜fin〜